銀行系カードローンの審査について

カードローンには、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンがあり、銀行系カードローンの方はとても審査が厳しいというイメージがある事かと思います。

たしかに銀行系カードローンは条件が良いのでその分消費者金融系よりは審査が厳しいと言えるでしょう。しかし、正社員でないとダメ、収入が高くないとダメというものでもなく、フリーターなどでもその審査に通る事は可能です。金融事故などがなく、無理のない申し込みならば通る事はできるでしょう。ただしもちろん収入が多い人などに比べて借り入れができる金額は少なくなります。

銀行系カードローンは自分では絶対に審査に通る事ができないと思い、最初から諦めてしまう人も少なくないと思いますが、実際にはこのように思っているよりは比較的審査に通る事は可能です。ですから特に借り入れの額が大きいなどの場合には、こちらの条件のいい銀行系カードローンを選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。

 

http://www.raid2011.org/

脱毛する人が多くなっています

昔に比べると、今の時代は、女性だけではなく男性の間でもエステティックサロン等に通いまして、脱毛をする人口が多くなってきております。まず、昔の脱毛と今の脱毛でとても大きく変わってきたことは何なのかと言いますと、それはムダ毛の処理をするにあたってかかってくる脱毛料金であると言えます。ムダ毛の処理をするためには、機械が必要です。機械については導入当初というものは、とても高額なマシーンとなります。そして、その後使っていくうちにランニングコストが安くなっていきますし、年々、技術力も進んでいきまして、常に新しいマシーンが登場してきます。そして、登場するたびに技術力も高まって、こうしたマシーンの料金も安くなっていくのです。これは電化製品全体に言えることです。このような理由によって、昔の料金に比べてみますと、今の料金はとてもリーズナブルになってきているのです。昔ですと、ムダ毛を処理したいと思っていても、料金体系がとても高いので、なかなか敷居も高くてムダ毛の処理をすることができないという人はとてもたくさんいました。しかし、今の時代の場合、先ほど説明したい理由等がありまして、とても気軽にリーズナブルな料金でムダ毛の処理ができるようになりました。ですから、自分のお小遣いの範囲以内で簡単にムダ毛の処理をすることができるようになったのです。もちろん、自宅でムダ毛の処理をすることも可能ですが、お店で行う方が、最上級のマシーンを利用することができますし、仕上がりも良いです。そして料金も安いわけですので、美容サロンで行った方が良いのです。

 

どうして銀行系だったら専業主婦でもお金が借りれるの?

専業主婦ってママ友とのお付き合いとか、親戚が急に病気になってお見舞いに行かなくてはいけないとか、子どもが今月ケガをしてしまって治療費に沢山お金が必要だったとか、思ってもいなかった出費に悩む事がよくありますよね。
専業主婦にもキャッシングが利用出来たらいいのにって感じている人も多いはず。
消費者金融では総量規制っていう法律の規制があるので、収入がない人はお金を借りることはできませんが、銀行系のカードローンなら専業主婦でも利用できます。
どうしてかというと消費者金融を規制している法律と、銀行を規制している法律が違うからです。銀行には何と総量規制というものがないので、お金を貸すのは年収の3分の1以下という法律が適用されないのです。
だから仕事についていない専業主婦でもお金が借りられます。
消費者金融だけに対して年収の3分の1以下という規制をかけているのは変な話だなって思いますが、何にせよお金を借りる事ができるというのはとても助かるものです。

 

モビットの審査に落ちないために

モビットでのカードローン体験

私は先日、妻の出産費用を銀行系カードローン会社のモビットでカードローンを行って借りました。
10数年前の当時私が大学生だった時代から消費者金融複数社からキャッシングして借り入れを行い、様々な生活の場面で急場をしのぐ事が出来ていたのですが、銀行系カードローン会社のカードローンでお金を借りる事は初めての経験となりました。

私は銀行系カードローンのモビットでカードローンを行い妻の出産費用を捻出したのですが、銀行系カードローン会社であるモビットの店舗をインターネットで探した所、公式ホームページに「モビットは店舗は無く、カードローンの申し込みは全てWEB上で行うシステムです。」と書いてあって驚きました。
私はモビットの「WEB完結システム」というシステムを使ってカードローンの申し込みを行い、無事にその日の内に希望融資額を私が指定した口座に振り込んでもらう事が出来たのです。
そして私は後日消費者金融もインターネット上で申込出来るシステムになっているという事をモビットの申し込みがきっかけで知り、「時代は変わったなあ。」と感じたのでした。

 

 

キャッシング業者について

お金が足りなくなることは誰にでもあることです。それでもどうしてもお金が必要になった時には困るものです。そんな時、誰かに借りるという方法もあります。親に相談する人もいるかもしれません。しかし、心配をかけたくない人やへんに詮索されたくないと思う場合、本当に困ります。そんなピンチの時に、役に立ってくれるのがキャッシングです。しかし、キャッシングと聞いただけでなんとなくマイナスのイメージを持つ人も、中にはいるものです。取り立てが怖そう、金利が高くて悪質と思い込んでいる人もいるようです。しかし、現代ではずいぶん変わってきています。キャッシング業者は全国各地に沢山あります。内容が分かりやすく低金利で提供しているキャッシング業者も多くあります。もちろん、中には悪質な業者がないとは言い切れないので、内容をしっかり確認して信頼できるキャッシング業者を選ぶことが重要です。近年では、利用者にやさしいサービスをたくさん用意しているキャッシング業者が増えています。

 

キャッシング会社選びは金利以外をチェックしよう

キャッシングやカードローンを選ぶときに、多くの人は金利の率を見ます。

だいたいどこの会社も4%~18%などと表示されていますが、違いがあるのはおそらくこの4%という下限金利の部分だけでしょう。

どの会社も上限金利はほぼ18%で固定されています。

上限金利を見ても差が無いため、多くの人は下限金利の差で会社を決めようとしますが、これはあまり意味がありません。

よほど大口の融資でもない限り、この下限金利の利率が適用されることはなく、ほとんどの方が上限金利近くの利率での借り入れとなるからです。

ある程度借り入れと返済を繰り返して実績がついてくれば、金利や限度額も改訂されて有利な条件になりますが、それでも下限金利が適用されることはありません。

よって、この金利部分を見るだけでは、キャッシングをする会社を決定する決め手にはならないのです。

金利面だけではどこの会社もほぼ横並びという状態なので、会社の差が出るのは、主に審査の方法やそのスピード、カードローンならば利用によって加算されるポイントなどサービス面ということになります。

 

カードを発行しないカードローン

カードローンというと、一般的にはお金を引き出すためのカードが発行されるものです。

しかし最近では、カードを発行しないカードローンがあるというのです。

ということでまず気になるのが、お金をどうやって借りるのかということ。

カードがありませんので、ATMでお金を借りることはできません。

この場合には、銀行口座に振り込んでもらうという形で、お金を借りるのです。

そうしたら、そのまま口座にとどめておいても構いませんし、別の口座に振り替えても構いません。

銀行のキャッシュカードを使ってお金を引き出したって構いません。

では、カードを発行しないことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まずは、不正利用される可能性が少なくなるということです。

カードを盗まれたりなくしたりすると、それだけで不正利用の確率が高くなります。

カードがなければ、その心配もいりません。

また、利用がスピーディーになります。

カードを発行しないので、その分時間短縮ができるのです。

 

銀行カードローンを私が選んだ理由

私は東京に上京して5年目の新卒で会社に入社した社会人一年生の時に初めてキャッシングを経験しました。

私がキャッシングを経験した理由は新社会人となって自己啓発の為の勉強に関する費用や、社会人となって人脈の幅が広がった為にその人脈関係の人達との交際費用などでお金が必要になってきた為でした。

そして私は私の初めてのキャッシング先の金融会社として「銀行カードローン」と呼ばれる銀行系カードローン会社のキャッシングを申請する事にしたのです。

理由は私は何となく消費者金融のキャッシングは怖そう、という思い込みがあったので、有名な銀行が行っているカードローンならそれ程怖くないかも知れないというイメージだけで銀行系カードローンを選んだのでした。

実際は消費者金融も銀行系カードローンもそれ程怖いとかそういった事は全然無い、何も問題無い金融会社なのですが。

そして私は銀行系カードローン会社のインターネットキャッシング申し込みのシステムを利用して全てをWEB上で完結させ、そして無事に申し込みから2時間後には私の口座に初回融資額として5万円が振り込まれていたのです。

 

銀行カードローンの利便性

銀行のサービスにも色々な種類がありますが、中でも社会人の必須のサービスとして挙げられるのが、銀行カードローンのサービスです。

 

特に銀行機関のカードローンのサービスは、その他の民間の金融サービスに比べてもその信頼面における充実度が高いので、多くの人々が安心してこういったカードローンサービスの利用を行えます。

 

一般的にこの種のローンにおける審査基準は比較的高めなケースが多いのですが、大抵の場合には一般的な正社員の収入があれば審査に通るので、審査基準についてはそれほど心配せずにすむ要素です。

 

審査基準がしっかりとしている分、金融機関としてのサービスの安全性は保証されているので、安心安全なカードローンの利用を行うことが出来ます。

 

銀行カードローンは担保無しでも借りられると言うポイントが強みなので、そう言った金融サービスとしての大きな魅力を最大限に有効活用して、さまざまなケースに有効活用していくことが大切です。

 

消費者金融の金利も下がっている?

消費者金融の金利っていうと、なんか凄く高いというイメージがありました。
特に即日キャッシングとなると、金利もかなり足元見られるのかなぁって。
でもこの間、初めて即日キャッシングのお世話になったのですが、そこまで高い金利というわけでもありませんでした。
まあ法定金利の関係もありますし、今は消費者金融の多くが銀行と提携しているので、即日キャッシングでも結構金利は下げているのだそうです。
これは利用者側としては、とっても嬉しいことですよね。
どうしてもその日にお金が必要でしたから、多少金利が高くても仕方ない、そこは覚悟して借りようと思っての申し込みだったのですが、思ったよりも金利が低かったので拍子抜けしました。
まあ安いほうがもちろん助かるので、ここは拍子抜けできてラッキーという感じなんですけどね。
このように私が借りたところもそんなに高くはなかったのですが、探せばもっと安いところもあるみたいなので、次回のために探しておこうかなとも思っています。